ニュースリリース

コナミデジタルエンタテインメントとテンセントが協業でモバイルゲーム配信

中国市場に向けて『魂斗羅』シリーズ最新モバイルゲームを提供

2015年11月2日

株式会社コナミデジタルエンタテインメント

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、1987年にアーケードゲームとして登場して以来、多くのプラットフォームで提供されてきた人気アクションシューティングゲーム『魂斗羅』シリーズの最新作を、中国のインターネットサービス大手テンセントと協業で、中国市場に向けて配信することを決定しました。

本タイトルは、『魂斗羅』シリーズの世界観を忠実に再現し、中国のお客様に合わせて制作された横スクロールシューティングのモバイルゲームで、スマートフォン向けに提供します。

コナミデジタルエンタテインメントは、今後もIPをさまざまなデバイス・プラットフォーム・ゲームデザインで世界中に提供し、お客さまに楽しさと感動をお届けしていきます。


【商品情報】

タイトル 魂斗羅(仮)
対応OS iOS / Android
ジャンル 横スクロールシューティングゲーム
情報料 アイテム課金制

iOSは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。 Androidは、Google Inc. の商標または登録商標です。

以上

Go to English
ニュースリリース一覧