KONAMI Konami Digital Entertainment

Global Home | Japan

文字サイズ

ニュース

『ラブプラス』旋風 ますます拡大中
『最新作 『ラブプラス+』 今夏発売決定

2010年3月25日

株式会社コナミデジタルエンタテインメント

KONAMIは、コミュニケーションゲーム『ラブプラス』の最新作、『ラブプラス+(ラブプラスプラス)』を2010年夏に発売します。

『ラブプラス』は、従来の恋愛ゲームと異なり、現実の時間とリンクしてリアルに恋人生活を楽しめる点や、プレーヤーの好みに合わせてヒロインの性格、服装や髪型が変わるといった点が、現実とバーチャルな世界の恋愛を近づけたと大きな話題を呼び、テレビ・雑誌など多くのメディアに取り上げられ、『ラブプラス』旋風を巻き起こしています。

『ラブプラス+』のイメージイラスト
『ラブプラス+』のイメージイラスト

最新作『ラブプラス+』では、『ラブプラス』で楽しめた、ゲーム内の高校生のキャラクターと登校したり、学校で過ごしたりといった日常に加え、旅行などの非日常の要素を追加することにより、より一層リアルな体験ができるようになり、キャラクターとのコミュニケーションの楽しさをさらに広げています。

また、新しいシナリオの搭載やシステム面の強化も行い、通信機能を使った新しい遊びなどの搭載も予定しています。
さらに、服装や髪型、髪色の種類を大幅に追加することで、キャラクターの容姿のバリエーションが増え、“彼女”たちの魅力をさらに高めています。


そのほかにも、『ラブプラス』のセーブデータを引き継ぐことができるので、『ラブプラス』でのキャラクターとの“思い出”を『ラブプラス+』でもそのまま引き継いで遊ぶことができます。


KONAMIは、『ラブプラス』の多面的な展開を推進中で、漫画化や、KONAMIのアミューズメント施設向けゲーム機「ザ☆ビシバシ」のミニゲームへの登場、フィギュアなどの関連商品の発売など、様々な展開を予定しています。


KONAMIは、最新作の発売により、お客さまにさらに進化した『ラブプラス』の楽しさをお届けします。


●『ラブプラス』について


2009年9月に発売。恋愛をテーマにしたコミュニケーションゲームで、現実と同じ時間で恋人生活を楽しめたり、プレーヤーの好みにあわせて女の子の性格や髪型、服装が変わっていくといった特長があります。平成21年度(第13回)文化庁メディア芸術祭で、審査委員会推薦作品に選出。



< 『ラブプラス+』の3人のヒロイン >
小早川凛子
高嶺愛花
姉ヶ崎寧々
小早川凛子(こばやかわ りんこ)
高嶺愛花(たかね まなか)
姉ヶ崎寧々(あねがさき ねね)
※画面は制作中のものです。

【商品情報】
タイトル ラブプラス+ (ラブプラスプラス)
ジャンル コミュニケーション
発売日 2010年夏
希望小売価格 4,800 円(税込)
対応機種 ニンテンドーDS


以上

Go to English