KONAMI Konami Digital Entertainment

Global Home | Japan

文字サイズ

ニュース

著名プロ棋士が多数参加決定
日本将棋連盟公認『天下一将棋会2』
プロ棋士と夢の直接対局も実施

2010年9月24日

株式会社コナミデジタルエンタテインメント

KONAMIは、現在制作中のアミューズメント施設向け全国オンライン対戦将棋ゲーム「天下一将棋会」シリーズ最新作、『天下一将棋会2』に、社団法人日本将棋連盟所属のプロ棋士が多数参加することが決定したことを発表します。

『天下一将棋会2』は、社団法人日本将棋連盟公認のオンライン対戦将棋ゲームで、10月からの第23期竜王戦を控えている渡辺明竜王と羽生善治名人をはじめ、女流棋士の里見香奈女流名人・倉敷藤花、清水市代女流王将など多数のプロ棋士がゲーム内に登場します。プレーヤー同士のオンライン対局において、プロ棋士が立会人として登場してコメントしたり、CPUとの対局において、プロ棋士と対局しているような特別な演出が施されたりするなど、様々な場面でプロ棋士が登場し、プレーヤーの士気を高めます。

ゲーム画面 筐体画像
羽生名人をはじめ著名プロ棋士が登場 『天下一将棋会2』筐体イメージ

9月10日(金)には渡辺明竜王ご本人、12日(日)には鈴木環那女流初段ご本人が、発売前の試験稼働において、多面指しにより、多くのプレーヤーの方と直接対局を行いました。対局はプレーヤーのレベルに応じた駒落ち対局で、初心者から上級者まで様々なレベルのプレーヤーにプロ棋士との対局を楽しんでいただきました。『天下一将棋会2』稼働後もプレーヤーの皆様がプロ棋士ご本人と対局できる機会を予定しています。

また、『天下一将棋会2』は、全国のプレーヤーと昇級をかけた熱い対局を楽しむことができる「全国順位戦」や、コンピュータの棋力レベルを選択し、自分の棋力を試すことができる「CPU対局」などを搭載しています。対局中は、将棋の戦法や手筋によって、BGMや映像による演出が施され、対局をより一層盛り上げます。

KONAMIは、「天下一将棋会」シリーズを通じて、幅広い層のお客様に将棋の楽しさを知っていただく機会を提供し、将棋界の振興と発展に寄与してまいります。『天下一将棋会2』の稼働時期や詳しい内容については後日発表します。是非ご期待ください。


画面は制作中のものです。

以上

Go to English