KONAMI Konami Digital Entertainment

Global Home | Japan

文字サイズ

ニュース

KONAMI、アジアNo.1のサッカークラブを決定する
「AFCチャンピオンズリーグ」をゲーム化

「ウイニングイレブン」で、アジアの頂点を目指せ!

2013年4月22日

株式会社コナミデジタルエンタテインメント

株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、アジアのサッカークラブチームチャンピオンを決定する「AFCチャンピオンズリーグ」のゲーム化に関するライセンス契約を、アジアサッカー連盟(AFC)と締結しました。

弊社サッカーゲーム「ウイニングイレブン」の次回作で、「AFCチャンピオンズリーグ」をリアルなグラフィックで再現するとともに、同大会に出場するチームを使用できる新モードを搭載し、全世界に向けて発売します。

「ウイニングイレブン」シリーズは、欧州のクラブチームチャンピオンを決定する「UEFAチャンピオンズリーグ」をはじめ、世界のサッカーライセンスを数多く搭載しており、世界のサッカーが楽しめるゲームとして、国内だけでなく世界中でご好評をいただいています。今回の契約により、「ウイニングイレブン」を通じて、アジアNo.1クラブの座をめぐる熱い戦いを世界中のサッカーファンにお届けします。

コナミデジタルエンタテインメントは、今後も、「ウイニングイレブン」シリーズをよりリアルなサッカーゲームへと進化させることで、お客さまにサッカーの魅力をお伝えするとともに、サッカー文化の発展に貢献していきます。

「アジアサッカー連盟(AFC)」
イメージ画像 アジアサッカー連盟(AFC)はアジアサッカー全体の統括団体で、FIFAに所属する6大陸連盟の1つ。また、AFCは世界の人口の半分以上を擁する国と地域から成る46のメンバー協会を傘下に収めている。AFCは1954年に創設され、現在はマレーシアのクアラルンプールに事務局を置き、アジア地域におけるサッカー活動全体の統制、発展のための新たなルールの草案、ユースサッカーの振興、そして各種大会の開催などの役割を担う。
「AFCチャンピオンズリーグ」
イメージ画像 アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、アジアのクラブチームチャンピオンを決定する大会。 日本、中国、韓国をはじめ、アジアサッカー連盟(AFC)に加盟する各国、地域の強豪32チームが参加する。

「ウイニングイレブン」
イメージ画像 1995年に発売したサッカーゲームで、KONAMIを代表するゲームソフトのひとつ。 「リアルなサッカーの追求」をテーマに、世界中でご好評いただき、シリーズの全世界累計販売本数は8,170万本を超える。(2012年12月末現在)

ウイニングイレブン オフィシャルウェブサイト  www.konami.jp/we


All copyrights or trademarks are the property of their respective owners and used under permission

以上

Go to English